ワインのちいさなお話と白ワインの通販について

ワインにはさまざまな産地があるとともにそれぞれ味わいが異なる

一般的に赤は肉料理、白は魚料理、ロゼは肉と魚料理の両方に合うとされています / ワインにはさまざまな産地があるとともにそれぞれ味わいが異なる / 白はさっぱりとした味だったり甘めの味わいがあるので特に女性に人気が高いお酒

これは北半球と南半球にあり、醸造用のブドウ産地に適する気候エリアが地球を東西に取り巻いている帯です。
ヨーロッパではイタリア、ドイツ、スペイン、ポルトガルはおろか、北アメリカ、南半球ではチリ、アルゼンチン、オーストラリア、ニュージーランド、南アフリカがこの位置にあり実際に生産されています。
もちろん日本もこのベルトの中に位置しており、国内では多くの地域でそれぞれブドウを作り醸造しています。
日本の有名な生産地は北海道の余市町、富良野市、池田町、空知町など、本州は山形県、長野県、山梨県など。
山形は激しい寒暖の差を利用した果樹園栽培が盛んでブドウの品質が高いです。
長野は降水量が比較的少なく昼夜の寒暖差が激しいため良質なブドウが生産されています。
山梨は日本最大のブドウの生産地。
それぞれ多種多様の美味しさの製品が作られ販売されているのです。
ワインにはさまざまな産地があるとともにそれぞれ味わいが異なり、その中で自分の好みの味にふと出会うことがあるかもしれません。
その時は感じた味を舌の記憶だけではなく文字で表現して記録出来れば後々同じような味を探す時などに役立ちます。
味の表現のしかたとして赤はフルボディ(重口)、ミディアムボディ(中重口)、ライトボディ(軽口)と表します。
白はドライ(辛口)、セミドライ(中辛口)、スィート(甘口)などです。
芳香の表現は赤はカシス、ブラックベリー、シガー、スパイシーなどで、白ははちみつ、リンゴ、白桃、バニラなど。
思いもよらず自分好みの味に出会い、その味を忘れず後からまた探せるように、文字でその時感じた味と香りの印象をメモ帳に記録してみてはいかがですか。

白ワイン主な原産地別ヒットアイテムAmazon通販 https://t.co/x0PIdiFNhd

— setsuko5108@ca.thn.ne.jp (@setsu1480) 2019年8月27日