ワインのちいさなお話と白ワインの通販について

一般的に赤は肉料理、白は魚料理、ロゼは肉と魚料理の両方に合うとされています

白ワイン通販ワイン通販 ヴィノスやまざき - ネット通販・オンラインショップ

一般的に赤は肉料理、白は魚料理、ロゼは肉と魚料理の両方に合うとされています / ワインにはさまざまな産地があるとともにそれぞれ味わいが異なる / 白はさっぱりとした味だったり甘めの味わいがあるので特に女性に人気が高いお酒

ワインには赤、白、ロゼの3つの種類があります。
一般的に赤は肉料理、白は魚料理、ロゼは肉と魚料理の両方に合うとされています。
ワインの原材料がブドウであることはどなたでもおそらく知っているでしょう。
しかし赤、白の作り方の違いはご存じでしょうか。
そもそもワインは日本酒がお米を発酵させて醸造してお酒になるのと同じように、ブドウを発酵させ醸造して造られます。
ブドウには巨峰などの赤みがある赤ブドウの種類(ただし醸造用の品種の呼び方は黒ブドウです。
)と、マスカットなどの白ブドウと呼ばれる種類があります。
ブドウのお酒の色は原材料のブドウの色がそのまま現れるのです。
黒ブドウの赤い色はポリフェノールがたっぷり。
白ブドウは醸造する時に皮を取り除き果肉と果汁のみを漬け込むため、熟成されて重厚感のある味わいの赤ワインにくらべて渋みの原因になるタンニンが少なめで、すっきりとフルーティな軽い味わいです。
つまり赤白にはそれぞれの良さがあるのですね。
生産地はフランスが有名ですが、現在はいまや世界中にあります。
地球にはワインベルトというものが存在しています。