バニラエアのコミコミバニラを利用してみました

とても便利なコミコミバニラ

とても便利なコミコミバニラ : どのサービスにも料金が発生すると思ってたけど : お得に旅行を楽しもう

先日、バニラエアを利用して東京の成田から大阪まで行ってきました。
今回の旅行は、ビジネスではなくプライベートのものだったため、少しでも節約したいと考え、レガシーキャリアではなくLCCを利用しました。
LCCと聞くと、手荷物を預けることが出来ないというイメージがありました。
しかしバニラエアのコミコミバニラの場合は20キロまでの荷物は預け荷物として預けることが出来ました。
行きはスーツケースの中も大阪で過ごす際に必要となる物しか入れていなかったため、何の問題もありませんでした。
しかし、帰りはお土産がいっぱい入ったスーツケースで重量は13キロと重たくなってしまいました。
しかし、コミコミバニラで予約をしたからこそ、面倒な追加料金払うことなく無事に荷物のチェックインをすることが出来ました。
また、実は仕事の関係で航空券の日程を予約した日程から別の日程に変更する必要がありました。
しかし、コミコミバニラの場合は手数料500円と航空運賃の差額を払うだけで希望する日程に空席があれば変更することが可能なため、スムーズに日程を変更することが出来ました。
LCCと聞くと、予約した内容を変更することが出来ないイメージがあっただけに非常に便利なサービスでした。
更に、今回の大阪旅行は友人らと一緒に行ってきました。

バニラエアで函館旅行に行きました。

ずっと仕事が忙しくて、休みが取れない毎日が続いており、やっと休みを取る事が出来る日が来ました。 家族にその事を伝えると皆で旅行に行こうと言う話になりました。夏の暑い日なので、涼しい場所に行きたいと言う事になり、函館に行く事にしました。飛行機で早くて評判の良い所を探すとバニラエアが見つかりました。 価格も安価で、ホテル付きのプランもあったので、バニラエアに決めました。早速予約をし、休みの日が来るのが待ち遠しかったです。バニラエアは沢山の便が出ているので、好きな便を選べたのも良かったです。そして、とうとうバニラエアの飛行機に乗る日が来ました。機内は広々しており、家族皆で凄いねと驚きました。そして、素敵な飛行機の旅も終わり、函館に到着しました。

函館は涼しい所で、動いても汗をかく事がなく、快適でした。函館といえばカニなので、早速皆で食べに行きました。 カニの中でも美味しそうな毛ガニを食べました。毛ガニは初めて食べましたが、とても美味しく食べる事ができました。 その日はホテルに戻って早めに休みました。その次の日は函館観光をたっぷり満喫しました。 歴史を感じる街並みにも驚きましたが、偉人のゆかりの地も多かったので、それにも驚きました。 かなり歩いたので、少し疲れましたが、途中でカフェにも立ち寄りました。私達が立ち寄ったカフェは海辺に面しており、海を眺めながら飲むお茶は絶品でした。父も弟もあまりの絶景に喜んでいました。ずっと海を見ているとクルーズ船やヨット等が行き来しており、飽きる事がありませんでした。店員さんに話を聞くと他のカフェでは、津軽海峡を見る事が出来る所もあると聞ききました。 結局カフェには2時間位過ごしました。その日の夜は花火大会に行きました。函館港で様々な花火が上げられており、大きな花火が沢山色めいていました。大きな音にもびっくりしましたが、色鮮やかな花火を見ていると時間を忘れてしまいそうでした。

私達の他にも花火を見に来ている観光客は多く、人で一杯でしたが、そんな事は気にもならない時間を過ごす事が出来ました。 花火を見た後は夜景を見に行きました。ロープウェイから登るって見る夜景は最高です。花火の時と違って、とても静かでした。 更に霧が少し出ていて、幻想的な雰囲気を醸し出しており、まるで日本ではなく、海外に来ている様な感じがしました。 夜景を見た後は食事をして帰りました。歩き回ったので、疲れて直ぐ眠ってしまいました。次の日に起きると昼前になっており、家族全員起きてこなくてびっくりしました。飛行機の時間に遅れると行けないので、軽くお昼を食べて、空港に向かう事にしました。

お昼はレストランで食事をしましたが、海の幸が多くて、美味しく食べる事が出来ました。空港に着くとバニラエアの飛行機がもう着いていました。直ぐに搭乗手続きを行い、飛行機は離陸しました。窓から見る景色はまた格別でした。

家族もまた行こうねと言っていました。飛行機の中でもぐっすり寝てしまい、気づくと空の旅は終わっていました。 それにしても良い旅行をしたと皆で話し合いをし、次に行く時もバニラエアで予約をしようと言う事になりました。 弟は早く旅行に行きたいと既に言っており、私の休みはいつ取れるのかと聞いてくる始末です。 父も会社が早く休みになれば良いのにと言っていました。母は弟と二人で旅行に行こうかと話をしていました。 日本国内でこんなに素敵な旅行ができるは思いませんでしたので、家族一同感動しています。 特に美味しい食べ物は忘れられません。地元では新鮮な海の幸を食べる事が出来ないのが残念です。 次に行く時には美味しい物を食べ歩きたいです。早く休みが取れる様に頑張ります。

シンプルバニラとコミコミバニラの違いバニラエアの予約はいつからが最適?ベストな予約シーズンについて